行ったことも、見たこともない新宿の裏の裏

こんにちは。職場にも慣れ、だんだん厳しく怒られることも少なくなってきたMです。初めて『働く』ということをしている私にとってはなかなかの進歩だと思ってます(自分で言ってごめんなさい)。

新宿の家電量販店は相変わらずいろんな人が来ます。若い子も、歳のいった人も、外国人も…。変わった人・まともな人・中には酔っ払いも。ほんと色んな人がいますね・・・色々勉強になります。

さて、この前一緒の販売エリアを担当している男の先輩と飲みに行ってきました。
いつもだったらまず間違いなく断るのだけど、前回の合コン同様、なんか別にいーかなーと思って普通に誘われるがままにご一緒してきました。

でも「ご飯に行こう」って誘われて、私が想像したのは…西新宿・都庁前にあるミッシェル・トロワグロ、ヒルトン東京のメトロポリタングリルとか、新宿御苑前にあるオステリア イル レオーネとか玄海とか…鰻の菊川とか割烹の中嶋とかだったんですけど…その先輩の口から出てきたのは、

「3丁目とかどう?」

行ったことない。。。なんかあったっけ?なんかごちゃごちゃしてるところだったよーな・・。

と、誘われるがままについてきたは良いものの、暖簾には「沼田」の文字が・・・。なんだろう?割烹かな。。と思って階段を上って中にはいると、

「せまっ!!!」

人がぎゅうぎゅうに座ってなにやら騒がしく飲んで、食べておりました。すっごい活気あるなーと思って、先輩おすすめの「つくぴー」とモツ煮込み(塩と醤油)を頼んで食べてみると、すっごい美味しい!!!驚くほど美味しかったです!!!

そんな私を見て嬉しかったのか、いつもは比較的真面目な先輩もだんだん朗らかに陽気になってきました。

挙句、「新宿生まれなのに知らないなんてもったいない!」

と、汚いけど旨い店・面白い店ツアーがはじまりました(笑)そのまま、3丁目のドン底(名前がすごいw)へ。さらに脚を伸ばしてゴールデン街のフラッパーズ、さらにボルチモアへと次から次へと濃い~お店にハシゴしていきました。

そして・・・、花園神社で酔いつぶれて座り込む先輩(笑)だらしないな~とか思いつつ、なんかこう胸にくるものがありました。

既に先輩の最寄駅(四谷の方)までの終電はなく、靖国通りまで一緒にあるいて、無理やりタクシーに押し込んで、バイバイしました。

一人残った時、妙に寂しかったな。。。

うーん・・・、今このブログ書いてて改めて思いますが、私変わったなぁ。ほんと。